ローマ字.jp
  ローマ字.co.jpなど
  ローマ字.comなど

サービス・料金一覧
  お申込みの流れ
  ドメイン基礎知識







 

・汎用JPドメインとは何ですか?
  ・登録できる文字数に制限はありますか?
 

・使用可能な文字や記号を教えてください。

  ・汎用JPドメインは、誰でも登録できるのですか?
  ・ドメイン登録はどこに申し込めば良いのですか?
  ・ドメインの登録費用はどれくらいかかりますか?
  ・ドメイン登録までの流れを教えてください。
  ・返金はしてもらえますか?
  ・申込みのキャンセルはできますか?
  ・自分の会社名やドメイン名を、他人が不正に取得してしまう事が不安です。
  ・日本語ドメイン名のホームページやメールは問題なく利用できますか?
  ・外国から日本語ドメイン名を参照できますか?
  ・メール送信時のセキュリティはどのようになっていますか?
 
Q. 汎用JPドメインとは何ですか?
A. 従来の属性型・地域型JPドメインに加えて、新しいJPドメインとして登場したのが汎用JPドメインです。 >> 詳しくはコチラ
Q. 登録できる文字数に制限はありますか?
A. 英数字のみによるドメイン名の場合、使用文字数は3文字以上63文字以下、日本語を含むドメイン名の場合、使用文字数は1文字以上15文字以下です。
Q. 使用可能な文字や記号を教えてください。
A. ASCIIの英数字、およびハイフンが使用可能です。全角の英数字や半角カタカナは使用できません。
Q. 汎用JPドメインは、誰でも登録できるのですか?
A. 現在、日本における住所や本店・事務所所在地を確認できる組織または個人であれば申請は可能です。
Q. ドメイン登録はどこに申し込めば良いのですか?
A. JPドメイン名は、いずれかの公式レジストラ経由でないと申請できません。弊社のドメインサービスはJPRSの公式レジストラですので安心してお任せいただけます。
Q. ドメインの登録費用はどれくらいかかりますか?
A. JPRSへお客様が直接申請手続きをなさることも可能ですが、弊社のサービスをご利用いただくと割安なお値段で申請いただけます。また、ドメイン運用サービスを同時に申し込まれた場合、さらに割安になります。 >> 料金表はコチラ
Q. ドメイン登録までの流れを教えてください。
A. (1) ドメイン取得申請サービス申込み受付
(2) JPRSでの申請受理(…申請情報の確認段階)
(3) JPRSでの登録
Q. 返金はしてもらえますか?
A. 原則的に返金は致しませんが、JPRSでの「不受理」や「不登録」の場合、ドメイン登録料から銀行振込手数料を差し引いた金額を返金いたします。ご了承ください。
Q. 申込みのキャンセルはできますか?
A. 申込みのキャンセルにつきましては、原則として認めておりません。
Q. 自分の会社名やドメイン名を、他人が不正に取得してしまう事が不安です。
A. その可能性がないとは言えませんが、明らかに不正な目的でドメインを占拠している場合は、JPNICが認定している紛争処理機関で解決できるようになります。
Q. 日本語ドメイン名のホームページやメールは問題なく利用できますか?
A. WEBブラウザによっては日本語ドメインに対応できない場合もあり、メールは残念ながら当面の間使えない模様です。WEBブラウザ以外のアプリケーション(メールソフトなど)については、アプリケーションソフトが対応するまでは日本語ドメインは使用できません。例えば、日本語ドメインのメールアドレスにメールを送っても、送るときに使用するメールソフトが日本語ドメインに対応していなければメールを送信することはできません。
Q. 外国から日本語ドメイン名を参照できますか?
A. 外国のコンピュータでは日本語ドメインそのままでは通信できません。日本語ドメイン名は通信の際にASCII文字(アルファベットなど)に一度変換されます。変換後のASCII文字列を入力すれば、外国でも見ることができると思われます。
  (例)日本語ドメイン名.jp → bq--3bs6kzzmrkpdbsjq4eykimhtkqgq.jp
ただし外国から見るにはあまり使いやすい物ではありませんので、日本語ドメイン名のみを利用するのではなく、英数字のドメイン名も登録し、どちらも使えるようにしておく方が良いでしょう。
Q. メール送信時のセキュリティはどのようになっていますか?
A. POP before SMTP方式(SPAMメール対策の認証方式)を採用しており、すべてのメールサーバで稼動しています。メール送信の前に必ずメール受信を行ってください。
All rights reserved,Copyright(C)Nissin Densetsu